2006.06.01(木) 晴 最高室温:27.1℃ 最低室温:25.9℃
■蒸し殺し生き残り♀再々々セット
 前回の飼育観察ノートで触れた、現在休養&再交配中の2♀♀を産卵セットに投入した。何度も書いたように、昨年秋に組んだ最初のセットではちゃんと産卵したものの、年明け早々に温度管理の不手際から割出し前のセットを37度の高温状態に晒してしまい、折角の幼虫が全滅してしまった。それ以来新たなセットに投入しても全く産んでくれず、もしや卵を産めない体になってしまったのか? と心配している所である。

 これで通産4度目のセットになるが、今回は柔らか目のコナラ材をマットで完全に埋め込むセッティングとしてみた。容器はSolid Box50で、2♀♀纏めての投入である。先日組んだセットと併せて、今度こそは無事F3幼虫を回収したいものである。

 2♀♀共に特に弱っているようにも見えず、触覚やフ節の欠損も無く、見た目には特に問題無く産んでくれそうな雰囲気ではある。とは言え、人間も高熱が続くと生殖能力が害されることがあるように、虫にとっても何がしかの影響があるであろう事は充分に考えられる。特に熱に弱い精子は例の加熱によりダメになってしまったかも知れない。そこで再度交配を試みたのだが、これで何とかなるものかどうか? 結果を待ちたいと思う。