2006.06.29(木) 晴 最高室温:28.6℃ 最低室温:26.3℃
■遂に♂35mmオーバー!
 6/21 に羽化した個体を掘り出してみた所、何と35mmオーバーの超巨大個体であった。蛹の時点から32mmオーバーは確実と思われる大きさであったが、まさかここまで大きくなっているとは思わなかった。これまでずっとパラレリの最大体長とされている35mmを目標に飼育を行ってきたが、遂に念願の個体を己の手で育て上げることができ、大変嬉しい!

 この個体は2005.06.06に初齢で割出し、以後、フジコン・オオヒラタケDH菌床を詰めた200ccカップにて飼育。2005.10.21 に一度目のエサ交換を行い、2006.05.10に同菌床を用いた500cc菌糸瓶に投入し、今月21日に羽化した個体である。割出しからほぼ1年と、通常の倍近い時間をかけて羽化に至った訳であるが、これ迄同様の個体が、時間がかかった割にはサイズ的にはイマイチだったのと比べると、この個体は時間がかかった分だけ大きくなってくれた印象である。

 また、これまで32mm以上の個体は全て3齢になってから500cc菌糸瓶に投入して育てたものばかりであるが、この個体には、最後の1ヶ月程度しか用いておらず、5/10 に投入した時点で体色はかなり黄色く色付いていたので(飼育観察ノート2006.06.10参照)、殆ど蛹化の為だけに用いたようなものである。従って、200ccカップでも上手に使えば、十分大型個体を狙えるということが言えると思うが、やはりエサ換えの時期の見定めの問題があり、この辺に自身が無い場合は、最初から大き目の容器を用いた方が無難に効果を得られると思う。また、このサイズになると200ccカップでは十分な大きさの蛹室を作れない可能性があり、蛹化不全や羽化不全を起こす可能性も大いに考えられる。事実、過去に大型蛹が羽化迄至らず死んでしまったことがある(飼育観察ノート2005.11.01参照)。こうした事故を防ぐ意味でも、少なくとも最後のエサ交換は、大き目の容器を用いた方が無難であろう。この蛹も、もし500cc瓶に投入していたら、無事羽化してくれていたかも知れない。

 さて、スロバキア・ブラチスラビア産33mm♂(スロバキア・ブラチスラビア産飼育観察ノート2006.05.21参照)も、そのパラレリらしからぬ存在感に驚かされたが、これを2mmも上回る35mm超のこの個体は、更に輪をかけた存在感を発露しており、一種異様な感じさえ抱かせられる。まずはその恰幅である。トルコ産は欧州の個体と比べて腹部が伸び、間延びしたスタイルになる傾向にあるが、それでも一般的なサイズのパラレリからすると驚く程の重厚感である。最も印象深いのは大腮で、内歯が前を向く、所謂「大歯型」になっているため、正に「ミニチュアオオクワ」といった雰囲気である。「ユーロオオクワ大歯化計画」なるものも検討していたが(雑感014)、こうして見ると、雑感014に掲載した想像図通りの大腮形状になっており、これも同時に達成できたことになる。もっとも、小型個体であっても内歯が前を向くことがあるので、サイズ的な要素以外にも何がしかの要因があるようにも思うが、ブラチスラビア産33mmの例からしても、少なくともサイズが大きくなればなる程、内歯が前に向くようになるのは確かなようだ。
 大腮形状について、もう一つ特徴的なのは、ブラチスラビア産33mmと異なり、内歯から大腮先端にかけての長さが極端に短く、ブラチスラビア産33mmでは認められた大腮先端の返し状の小歯が認められない点である。これはトルコ産特有の特徴なのかも知れない。また、トルコ産は欧州の個体よりも体色が黒く、光沢も強まる傾向が認められ、この黒さも、オオクワ感を高めるのに一役買っているように思う。頭部前縁の突起(眼上突起)も顕著に発達し、やはり小さいながらもパラレリはヨーロッパオオクワガタの和名通り、オオクワの仲間であることを改めて実感することも出来た。

 35mm超はWD個体ではまずお目にかかれないサイズであり、こうした個体を得られることが飼育の醍醐味の一つであるが、個人的な感触としては、40mmは無理としても、もう2〜3mmは大きくなるような気がしている。今後も更に大きな個体を目指して、飼育に精を出して行きたい。