2006.08.16(水) 曇時々晴 最高室温:29.6℃ 最低室温:26.3℃
■F3幼虫回収!
 5/30 に組んだF2ペアのセットの底に、蠢く複数の幼虫の姿が確認できたので、割出してみた。ここ暫くトルコ産は不振が続いていたが、これで本年も無事に累代できそうである。

 既にマットの中に5〜6匹の姿が見えているので、まずはマットの方から検分して行く。産卵材を取り出すと、早速その下から3匹の幼虫が姿を現した。これはかなり期待できそうなシチュエーションである。途中で♀の亡骸が出てきてしまったものの、幼虫も次から次に出てくる。結果、マットからは18匹と過去最高の数を回収する事が出来た。♀大健闘である。

 この段階で既に充分過ぎる数の幼虫を確保できているのであるが、まだ材が残っている。表面に食痕が現れているので、材から抜け出してマットに潜っていた幼虫もいると思われる。従って、マットから回収した幼虫の全てがマットに直接産卵された卵から孵化した個体ではない筈だが、と、なると、材の方にもそれなりに産んでくれている事が予測される。それが証拠に材の表面には多くの齧り跡が見受けられた。

 材は元々柔らか目の物を選んでいるので、手で崩せる程度になっていた。産卵痕や食痕を避けて割ってみると、複数の食痕と共に、初齢幼虫が転がり出てきた。以後も大まかに割る度に幼虫が1〜2匹づつ現れ、材からは計8匹を回収することが出来た。マットと併せて合計26匹である。F1セットにて達成した27匹には1匹及ばないが、これに匹敵する大戦果と言えよう。見落とし幼虫や卵があることを考慮すると、記録更新の可能性も否定できない。

 軟らか目の材(クヌギ or コナラ)+フジコン・ドルクスフレーク+湿度高目、このセッティングが今の所、最も失敗の少ないセットであると言える。このセッティングであれば、材だけでなくマットの方に産む可能性が高まるので、仮に材を気に入ってもらえなかったとしてもマットに産んでくれるので、空振りのリスクを大分軽減できるのがミソである。ただ、湿度が高過ぎて、材が嫌気発酵してしまうとダメなので、その辺の案配が難しい所ではある。