和名 ヒメヒラタクワガタ
学名 Dorcus parvulus (Hope et Westwood, 1845)
分布 台湾、フィリピン、インドネシア
体長 ♂=13.0 - 20.0mm
♀=13.0 - 20.0mm
成虫寿命 1〜2年
幼虫期間 半年〜1年程度
亜種 不明
シノニム 不明

台湾は小さな島国ですが、固有種を含め、数多くのクワガタが生息しています。ドルクス種も小型種〜大型種迄多種多彩で、その中の一種がこのヒメヒラタクワガタです。他に小型のドルクスとしては、アンタエウスオオクワガタを縮小した「東洋のパラレリ」的な雰囲気を持つ、ツノボソオオクワガタDorcus gracilicornis が分布しております。

ヒメヒラタはかつて、ヒメヒラタ属(Metallactulus)として分類されていましたが、ヒラタクワガタ属、コクワガタ属等と共にドルクス属に統合されました。国産のヤマトサビクワガタ等のサビクワガタ類と近縁で、見た目の印象は「毛のないサビクワ」といった感じです。
ヒメヒラタの類は、いずれも小型で、15〜25mm程度の種類が殆どです。本種も♂の最大体長は20mm程度にしかなりません。

本種はタイやフィリピン等の東南アジアに広く分布しており、地域変異や亜種分化も多いように思われますが、余り研究が進んでいない種であるらしく、台湾産がその他の産地の個体群と全くの同種であるのか、それとも亜種関係にあるのかは不明です。


入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2005.07.08 台湾桃園縣拉拉山産F2×1♂2♀♀購入
2005.08.27 F3幼虫×8回収
2005.11.01 F3幼虫×5回収
2005.11.15 F3×1♀羽化
2005.11.30 F3×1♀羽化確認
2005.12.02 F3×1♂羽化
桃園縣拉拉山産 F2 1♂
2♀
0♂
0♀
1♂
2♀
F3 1♂
2♀
10
0♂
0♀
1♂
2♀
10
001 台湾産ヒメヒラタクワガタ 2005.07.08
002 産卵セット 2005.07.10
003 産卵確認! 2005.07.26
004 幼虫孵化! 2005.08.07
005 前蛹に 2005.10.25
006 蛹化 2005.10.31
007 羽化 2005.11.15
008 1♀羽化&蛹 2005.11.30
009 ♂羽化 2005.12.02
010 再セット 2006.01.18