和名
ツノボソオオクワガタ
学名
Dorcus gracilicornis Benesh, 1950
分布
台湾
体長
♂=24.0 - 48.0mm
♀=20.0 - 28.0mm
成虫寿命
1〜2年
幼虫期
2〜3年
近縁種
タイリクツノボソオオクワガタ
Dorcus sp. ベトナム、タイ、ミャンマー、インド
シノニム
不明

台湾は小さな島国ですが、固有種を含め、数多くのクワガタが生息しています。ドルクス種も小型種〜大型種迄多種多彩で、その中の一種がこのツノボソオオクワガタです。アンタエウスオオクワガタを縮小したような「東洋のパラレリ」的な雰囲気を持つクワガタですが、台湾には本種の他に、「オオクワガタ」の和名を持つクワガタとして、タイワンオオクワガタDorcus grandis formosanus、セスジオオクワガタDorcus reichei slypeatus、ミワオオクワガタDorcus miwai が分布しております。この内、セスジオオクワとミワオオクワは、どちらかと言うとヒラタクワガタに近い種で、それぞれ、ライヒヒラタ、ミワヒラタ等と呼ばれる事もありますので、所謂「オオクワガタ」としては、本種とタイワンオオクワの2種が分布している事になります。

雌雄共に、アンタエウスオオクワガタの小型個体に似た外観ですが、♂の上翅には弱い縦条が、♀の上翅には比較的明瞭な縦条が現れるのが特徴です。♀上翅の縦条は、クルビデンスオオクワガタDorcus curvidens やリツセマオオクワガタDorcus ritsemae 程には深くなく、どちらかと言うと、ホペイオオクワガタDorcus hopei や国産オオクワガタDorcus hopei binodulosus に近い雰囲気の浅目のタイプです。

生態についてはまだ分かっていない事が多いようですが、本種は標高500m以上の山地に生息し、幼虫は広葉樹の赤枯れ材で良く見つかるそうです。赤枯れを好むという食性に、ドルクスとしてはやや異質なものを感じますが、何故このような食性を獲得するに至ったのか興味深いです。また、飼育においても赤枯れ材を用いると良く産卵し、幼虫も良く育つようです。
ベトナム〜タイ、インド等の大陸部には、本種と良く似たタイリクツノボソオオクワガタDorcus sp. が分布しており、かつては同種として扱われておりましたが、大陸産の個体は台湾産と比べ、小型の♂大腮の内歯の発達が悪い、♀の上翅中央部分に縦条が現れない、雌雄共に台湾産よりも体格が太短い等の相違点があるため、現在は別種として扱われる事が多くなっております。


入 手 履 歴
産 地
累代
入手数
死亡数
生存数
2006.06.14 台湾南投縣合望山産F2×1♂1♀購入
南投縣合望山産
F2
1♂
1♀
0♂
0♀
1♂
1♀
001
2006.06.14
002
2006.07.11
003
2006.08.16