ロシア語圏のウクライナでは、ユーロオオクワのことをロシア同様に"Оленёк" (アリニョーク)と呼んでいると思われます。

写真は南ウクライナ産のDorcus parallelipipedus parallelipipedusです 。
左右共に♀で、左の個体のラベルは「S Ukraine, Crymea Bakhchisarai env. 2-8.05.02」、右の個体は「S Ukraine, S Crymea, Bakhchisarai env., 10.05.02」となっていますので、どちらも南クリミアのバフチサラーイという所で採集されたようです。
欧州の個体と比べても、顕著な違いはないように思えます。


2005.09.27 追記

読者の方の御指摘により、
Оленёк の読みを「アリニョーク」
Bakhchisarai の読みを「バフチサラーイ」
と、正しい(原音に近い)ものに改めました。


入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2004.12.17 南ウクライナ Bakhchisarai産標本2♀♀購入 南ウクライナ産 WD 0♂
2♀
0♂
0♀
0♂
0♀