和名 パラレルスオオクワガタ、アメリカオオクワガタ
学名 Dorcus parallelus (Say, 1823)
分布 北米大陸東部(USA、カナダ東部)
体長 ♂=17.0 - 30.0mm
♀=17.0 - 25.0mm
成虫寿命 1〜2年
幼虫期間 1〜3年
亜種 不明
シノニム = Lucanus voeti (Schonherr, 1817)
= Lucanus oblongus (de Charpentier, 1825)
= Dorcus aper Dejean, 1837
= Dorcus scrofa Dejean, 1837
= Dorcus costatus Le Conte, 1866
= Dorcus nanus Casey, 1909
= Dorcus parallelus ab. carnochani Angell, 1916

北米大陸には、パラレルスオオクワガタ Dorcus parallelus、ブレビスオオクワガタ Dorcus brevis、メキシコオオクワガタ Dorcus mexicanusと、3種のドルクス属のクワガタが分布しており、いずれも♂の最大体長は3cm程度の小型種です。
米国では、この種のクワガタを"Antelope beetle" と呼んでいるようです。意味は「カモシカのような甲虫」です。恐らく、鹿の角のような大顎を持つミヤマクワガタに対して、大顎が小さく発達しない様をカモシカの角に例えたのでしょう。

北米大陸のドルクス種は全て大陸東部からメキシコにかけて分布しています。大陸西部に分布していないのは、ロッキー山脈を超えられなかったからではないかと思われます。そうしますと、パラレルスオオクワガタやブレビスオオクワガタの先祖がアメリカにやってきたのは、ロッキー山脈が隆起し、気候の寒冷化がはじまった、新生代第三紀鮮新世(約300万年前)頃ではなかったかと推察されます。
また、その分布状況や形態から考察して、ユーロオオクワと種としてかなり近縁であると思われます。恐らく、ヨーロッパと北米大陸が地続きであった時代に分布を広げた小型のドルクス種が、大陸分裂後、それぞれの土地で種分化していった結果でしょう。

パラレルスオオクワガタの外観はユーロオオクワと良く似ていますが、頭部に日本のオオクワのような眼上突起がある他、♂の上翅にも縦条が現れるのが特徴です。上翅の縦条はオオクワ類の♀や♂の小型個体に良く見られる特徴であり、地理的に離れた北米のオオクワが、ユーロオオクワよりもアジアのオオクワ類により近い特徴を有している点に興味を覚えます。
体色はダークグレー〜黒が一般的なようですが、赤褐色の個体も見られるようです。こうした色彩変化は、日本のコクワガタのそれを彷佛させますが、中東に分布するユーロオオクワにも見られる特徴です。


<パラレルスオオクワ関連サイト>

North American Stag Beetles(英語)
The Stag beetles of Oklahoma(英語)
The Beetle Experience - Dorcus parallelus Photo Gallery -(英語)
Robert Vigneault(英語)
Guide d' identification d' insectes du Quebec(仏語)
Checklist of the Scarabaeoidea of the Nearctic Realm(英語)
Scarab Central(英語)